一筋の光、降り注ぐ光。

人生はなかなかに試練が多くて。7回転んでも8回起き上がるために、私に力をくれたモノたちを記録します。

散歩する。雨の日だけど?雨の日だから!

f:id:tsukikana:20170630111407j:plain

 

6月も終わろうとしている。梅雨の真ん中にいるんだろうな、今。
外は雨。結構、降っている。

 

以前は、雨の日が苦手だった。できれば外に出たくなかった。
傘があると荷物が増えるし。靴も服も濡れてしまうし。
何より暗くてジメジメした雰囲気が嫌だった。

 

最近は・・・そうでもない。雨の音が好きだ。

 

明け方近くに、遠くで雷鳴が聞こえた今朝。
なんとなく、今日は雨の中を歩いてもいいな、なんて寝ぼけた頭で考えていた。
レインブーツをはいて、透明のビニール傘の下から落ちてくる雨粒を見上げ、鼻歌まじりに歩いている自分を思い浮かべて、悪くない、と思ったのだった。

 

通勤の電車やバスの中での、あの湿った空気と濡れた床、不機嫌そうな人たちの顔を思い出すと、やっぱり雨は嫌だなと思うし、今日も満員電車に乗ってお仕事に行った人たちにはなんだか申し訳ない気持ちになるのだけど・・・外に出かけなくてはならない用事がないのに、わざわざ雨の中を歩くために出かけるというのは、ちょっとワクワクする。

 

原稿をひとつ提出して、ひと段落。今、そんなホッとした気分だからかもしれない。気分転換に、傘に当たる雨音がうってつけな気がした。

 

時間ができたらやりたい!と思ってたことはたくさんあるのに、本を読むでも映画を観るでもなく、ちょっと雨の中を歩くことに、まず惹かれたのだ。

 

マンションの下の道はそこそこ交通量があり、クルマが通るたびに水を跳ね上げられないかひやひやする。が、少し進んで川沿いの道に折れると、リズミカルに歩を進めることができる。濡れた木々の香りが心地よい。

 

雨が降っていても、小鳥たちは結構活発に飛び回っているのに驚いた。
草木には無数の水玉が輝き、蜘蛛の巣にも細かな水滴がネックレスのように連なっていた。
雨で水量が増して流れの激しい小川の上を、カルガモが一羽、川のカーブに沿って低く飛んで行った。

 

外の世界は、なんだかとっても楽しそうだ。

 

出掛けたなら、ついでに買い物でもしてこよう、となってしまうのは主婦のサガか。ちょっと遠くのスーパーから荷物を持っての帰路となる。雨は上がっていた。

 

雨上がりのムッとした空気の中を歩くのは、あんまり楽しくなさそう、と思ったのだが、周囲を注意深く観察してみると、意外と面白いものが見つかることに気づいた。

 

体長25cmはあるカメが、川にかかる橋をノロノロと渡っていたり、雨が上がって虫たちが動き出すのを、野良のネコちゃんが狩りの態勢で狙っていたり。
生き物たちはいろいろなドラマを想像させてくれる。

 

誰も見ていないことを確かめて、水たまりに足を入れた私。なんだか楽しい。実はこれがやりたかったんでしょうと、もう一人の自分が呆れていたけど。
少し進んで、ふとその水たまりを振り返ると、小鳥が二羽、水浴びをしていた。

 

水田の若い緑を、フェンスの上から哲学者のような顔をして眺めていた大きなカラス。私が後ろを通るとき、横目で警戒したけれど、知らん顔して逃げずにいてくれた。信じてもらえたようで、ちょっと嬉しかったな。

 

深呼吸した。

 

あれもこれもと、忙しがっていた日々を思う。
駆り立てられる思いにいつも不安になり、気持ちが散らかっていたようだ。
次から次に立ち現れる出来事や感情に、私は振り回されていた。ニュートラルに戻れていなかった。落ち着け、落ち着け。

 

ほんの2時間ほどだけど、雨模様の景色の中を歩くことでセルフケアができた気がする。
見渡せば、世界はこんなに美しい。