一筋の光、降り注ぐ光。

人生はなかなかに試練が多くて。7回転んでも8回起き上がるために、私に力をくれたモノたちを記録します。

心の花にも水遣りを―グリーフワーク

 

机で調べ物をしていると、鳥のさえずりが聞こえてきた。それがすぐ近くだと気付き、ベランダを見ると、ヒヨドリだった。物干し竿にとまっている。

 

このお客さんは毎年、春から初夏にかけてよくいらっしゃる。鉢植えのブルーベリーの花を荒らしたり、実を食べ尽くしたり、困ったお客さんなのだ。

 

でも、この日はブルーベリーには構わずに、ただ歌を歌っていた。雨が降っていたので、洗濯物は外に干していなかった。広々とした物干し竿で、雨宿りでもしていたのかな。それとも私に会いに来たの?

 

窓に近づくと飛び立ってしまった。恐れていた通り、大きな落とし物が残されている。床だけでなく、エアコンの室外機の上にも、手すり壁の上にも。ジョーロに水を汲み、ベランダに出て洗い流す私。

 

ふと、ついでにベランダの植物たちを眺める。元気がない。本来、今が一番美しく輝いてくれている季節のはずなのに。

 

水遣りはしているけど、他に何も手入れをしていないから、随分寂しい風景になってしまった。ゼラニウムもローズマリーも泣いている。

 

ずっとほったらかしだ。みんな、ごめんね。

 

ここ2年ほど、新しいハーブや花の苗を植え足そうとも、タネを撒こうともしなかった。そういう気分になれなかった。母が倒れてからずっと、気持ちも行動も清水の実家に偏っていったし、コロナ禍も重なった。心配事が多すぎた。そして、悲しいことも。

 


父の他界から3か月たち、母の三回忌も過ぎ、6月を迎えた。手帳を見返せば、心身の不調を整えようと痛いくらいに必死だった5月の記録がある。癒やされたいのに、必死って。ねえ…。

 

今もまだ、父の死は受け入れがたく感じている私だ。あれは、急逝だった。防げる死だったはずだ。落とさなくてもよい命を落としてしまった。どうしても自分に何か落ち度があった気がして、何度も何度も考え苦しくなってしまう。

 

まるで重い罪を犯してしまったかのよう。ふいにすごく怖くなる。まだまだこちらの世界に、本当はいられたはずだったよねって、父の無念を思う。父の姿や声を思い出しては、取り返しのつかないことをしてしまったと、ごめんなさいと、時々壊れたように泣いてしまう。

 

きっとこれからも、この思いからは解放されることはないんだろうな。諦めに近い思いで、私はいつも涙を拭く。

 

しかし、その激情に襲われる頻度は落ちてきたようにも思う。多分、あえてそこから目を背けなかったこと、何度でも思い返して自責の念に沈んだことが、かえって自分を落ち着かせてくれたのではないだろうか。

 

苦しいけど、これも、きっと、必要な、プロセス。

 


一方で、ここのところ喜ばしい変化も感じている。
自分の楽しみに関しては何もやる気が起こらなかった私が、少しずつだけど、動けるようになってきた。

 

手帳にハートマーク付きで「欲しいものリスト」を書き込んだり。まるで義務で作ってるかのようだった料理も、だんだん楽しくなってきて、「これ面白いし美味しそう」と、初めてのレシピに挑戦しようとしたり。その程度だけど。

 

私は、どうやって遊んでいたんだっけ?
私は何が、好きだったのかしら?

 

最近は、そんな風に昔の手帳やノートを読み返している。いつの間にか蓋をしてしまっていた(後回しにしなくてはと封印していた)自分の素直な好奇心や欲求を探して。

 

心の奥底に沈めてすっかり忘れてしまっていたこと、たくさんある気がする。それらひとつずつを思い出して、水遣りして、手入れをして、育ててあげたいと思えるようになってきた。

 

窓から見える野鳥に和ませてもらうだけでなく。ローズガーデン(前回の記事で書いた場所の他に、ぎふワールド・ローズガーデンにも行けた♪)で癒やしてもらうだけでなく。ヒーリングビデオのYouTubeに疲れた心を委ねるだけでなく。

 

自分で何かを創り出すこと。
自分でアイディアを見つけること。
自分から何かを発信すること。

 

そういうことをまた楽しみたいな。そんな風に思えるようになった自分を、屈託のない心で今は祝ってやりたい。

 

とりあえず、滞っていた刺し子のブログを再開したら、刺し子したいという気持ちもよみがえってきた。手仕事は脳も活性化するそうだから、手始めとしてはぴったりかも。

 

✻刺し子のブログも書いています↓

tsukikana2.hatenablog.com

 

ベランダ・ガーデニングも、そろそろ復活したいと思う。まずは掃除かな。夏の暑さに強い花の苗を、今度買ってこよう。自分のお気に入りだった空間を、もう一度生き生きと光らせてみたい。

 

そうだ、本も読もう。イラストも描こう。散歩もしよう。旅にも出よう。

 

あら。次々に欲が出てきた。
しかし、ちょっとゆっくりめに。
体力、ないのでね。笑

 

今、大きな病気もしていなくて、歩くこともできて・・・これって、とてもありがたいことだよね。こうして生きていられることに感謝して、なるべく嘆くことなく生きていきたいな。

 

そして、生きている間に美しいものをたくさん見たい、見に行きたい。
そう思うと、少し力が湧いてくる気がする。明日が、悪くないものに感じられてくるのだ。


✻6月になりましたね。今年は気候や気圧の変動が大きく、体調を崩す方も多いようです。皆様、どうぞご自愛くださいませ。
写真は、5年前の我が家のベランダの一角です。ささやかですが、みんな輝いていました。スマホのフォルダを見ると、毎年5月6月って、なぜかベランダの写真が多いんです(*^-^*)

 

Sponsored Link