一筋の光、降り注ぐ光。

人生はなかなかに試練が多くて。7回転んでも8回起き上がるために、私に力をくれたモノたちを記録します。

人生が面白い、自分が面白い。ポノを始めてから

f:id:tsukikana:20180215212257j:plain

 

気がつけば、2月も半分が過ぎてしまった。厳しい寒さもあと少しの辛抱だ。新しい芽が膨らみ始めた木々を見上げると、巡りくる季節を感じ取り準備を整える、生命の不思議な営みに心が動く。

 

毎日を、ホ・オポノポノとともに生きている。といっても、宗教で言うような「敬虔な信者」のイメージとはほど遠い。ただ、四つの言葉で感情や出来事をクリーニングし、自分の中のウニヒピリ(潜在意識)に「感謝と愛」を伝えているだけだ。とても簡単で楽しい。

 

そして、私の毎日はどんどん良い方向に流れている、と感じている。それは、いつも誰かに「感謝と愛」を伝えたくなってしまうような生活だ。四つの言葉の中でも、特に「ありがとう」「愛しています」を口ぐせのように(おもに心の中で)唱えているから、言霊効果もきっとあるのだろう。

 

ポノの本や手帳、Webマガジンにあるさまざまな名言。実は、抽象的でよくわからないものもあるが(笑)、ハッと目が釘付けになり「これは!」とメモしてしまうものもたくさんある。私の宝物だ。たとえば、これらのメッセージ。

 


ホ・オポノポノのプロセスのひとつに「悔悟と許し」があります。にくい相手を無理やり許す必要はありません。あなたの中の負債をクリーニングによって自動的に手放していくことができます。(KR女史)

 

思考からの自由、判断からの自由。「ほんとうのあなた」は自由で完璧な存在です。(ヒューレン博士)

 

「罪悪感」をクリーニングしてみましょう。自分が幸せになったら誰かが苦しむという記憶をあなたが手放すことで、あらゆる存在が自由を取りもどすことができるのです。(ヒューレン博士)

 

クリーニングは楽しいこと。苦行でも重たいものでもなく、私たちを軽く自由にして、人生に歓びと甘さ、楽しさを与えてくれるもの。何かを変える「薬」は、苦いカプセルだけではありません。(ネロ・チェッコン氏)

 


素敵だ。もっと早く、これを知っていれば良かったな。

 

私の中に、四半世紀以上も昔だけど、今も鮮やかに思い出すひとつの記憶がある。

 

大きなベッドに、小さな赤ん坊が眠っている。淡い午後の光。その寝顔はどこまでも無垢で清らかで、見つめていると胸が苦しくなるほど美しい。私は泣いていた。そんな存在を前にして、今の自分の心の醜さが嫌で、認めたくなかったから。

 

母親になりたての私は、この純粋な魂を育てていく資格などないのではないかと、恐れていた。この子の母にふさわしい、清らかで穏やかな心でいたい。それなのに、自分の中にこんな悪意が渦巻いてしまっている。どうしよう!

 

人を憎んだり、妬んだりする感情は、本当に重たい。制御できないくらいに。

 

理不尽な扱いを受け、見下されていると感じて怒りを覚えたり、自分が手に入れたくても難しいものを、楽々と手にした人が得意げにふるまったりすると、かつての私は本人を攻撃するか、それが不可能なら何かに当たったり自棄を起こしたりすることで、感情を発散させていたような気がする。

 

しかし、子供を産んで、そういう自分でいるのをやめたいと思った。この子が安心して身を任せてくれる、自慢のママでいたいと望んだ。だから怒りたくない。それなのに、意に反して何かの折に、激しく重い負の感情が沸き上がってしまうことがあり、私はそれが嫌でたまらなかった。

 

それで、どうしたか。仕方なく、私は自分をコントロールしようと努めた。怒りを抑え込み、目を逸らし、忘れようとするやり方だった。他に方法を知らなかったから。

 

生きていれば、いろいろなことがあり、良いことも悪いことも起こる。問題が起きれば、感情が動く。その感情に対して、私は素早くジャッジをし、醜いと判断したものは速攻で抑え込んだ。繰り返し、繰り返し、否定してきた。「そんなふうに思ってはいけない」と。

 

大人の態度として、それは正しいと思っていた。でも、抑え込まれて、否定されてきた、それらの「負の感情」は、どこへ行ったのだろう?

 

ある時期、病気や怪我をはじめ数々の不運が重なったのは、もしかしたら、あの否定してきた負の感情の復讐だったのではないだろうか。

 

どんな感情も自分の中から湧き上がってきたもの。もちろんそれに支配されてはいけないが、忌み嫌う前に、まずはじっと耳を傾けても良かったのではないか。

 

この気持ちはどこからやってきたのだろうか。何故、私はこんなに腹を立てているの。と。

 

今の私なら、迷わずこの感情を見つめ、四つの言葉をこれに降り注ぎ、「手放します」と言うだろう。湧き上がる負の感情から、無理に目を背けなくていいということを知っているから。

 

悔しい、腹立たしい、憎らしい、羨ましい。

 

それは、クリーニングするためにウニヒピリが見せてくれたものだから、「ありがとう」「愛しています」と手放していけばいい。

 

ポノを始めて、いつからか私はそうしてきた。湧き上がる負の感情の対処法がわかり、怖くなくなったことが嬉しい。そして不思議なことに、負の感情そのものが私にあまり生まれてこなくなった。

 

ああそうか。だから私は、毎日、幸せを感じているんだね。怒りも妬みも、自由とは対極の重さで、できるだけ遠ざけておきたい感情だから。

 

でも、もしまた現れても大丈夫。それは太古から積み上がってきた記憶であり、現れてきたというのは手放す準備ができたという意味だと、今はもう知っているから。この感情が現れることは恥ずかしいことではないのだと、今はもう冷静に向き合えるから。

 

幸せを感じているが、もちろん、日々いろいろなことが今も起こる。良いことも悪いことも。家族のこと、友達のこと、親のこと。仕事の問題、健康の問題、お金の問題。大小の問題が次々立ち現れる。でも、クリーニングをしているから、ほとんどの問題は遅かれ早かれ解決していく。

 

私はポノを始めてから3年もたたないし、クラスやセッションにもアクセスしていない。本を読んでも全て納得できているわけでもないし、だから、正しい解釈はできていないのかもしれない。

 

でも、この問題解決法を知って、自分なりに実践してみて、とても良かったと思っている。大小のミラクルが起きるのを、毎日のように目の当たりにして、本当に人生が面白くなってきたから。

 

疑ったり反動を恐れたりせずに、歓びも甘さも楽しさも、素直に受け入れられるようになってきた自分が、今、とても面白い。世界は不思議に満ちている。

 

ありがとう
ごめんなさい
許してください
愛しています

 


昨日から始まった無料リーディングスタディー。登録してみたが、ニュースレター形式で1年間、どんな学びを経験できるのだろうか。楽しみだ。
SITH ホ・オポノポノ アジア 日本

 

理想の庭を考える―「フラワーショウ!」と「マイビューティフルガーデン」

f:id:tsukikana:20180129172634j:plain

 

観たかったのに観逃してしまった映画はたくさんある。「フラワーショウ!」(2014年・英国)もそのひとつ。アマゾンビデオで観られると知り、先日、嬉々としてTVの前に座った。

 

自然豊かなアイルランドの田舎で育った若い女性が、ケルト文化の香り漂う自然をテーマにデザインした庭で、ガーデニングの権威ある世界大会、チェルシーフラワーショウの金賞を史上最年少で獲得するまでを描いた、実話に基づくサクセスストーリーだ。

 

わずか8枠に2000人の応募。お金もコネもない中、応募さえ危ぶまれたが見事合格。しかし出展が決まってからも資金繰りや人集め、植物の調達、と苦労が続き、短期間での施工(庭造り)でも、最後までピンチの連続。

 

しかし・・・
「現代の庭園は自然本来の美しさを見失っている」と訴え、人と自然は共存できると信じ、そのための庭造りを世に送り出す必要性を説く彼女の信念、そして、揺るぎない植物たちへの深い愛が、人を動かし、スポンサーを呼び、植物さえも味方してくれたのだった。

 

踏まれても踏まれても諦めない、主人公エミリー(エマ・グリーンウェル)の雑草魂?にも感動したけれど、登場する植物(ほとんどが野草と呼ばれているものたち)のひとつひとつの造形美と、彼女の生まれ故郷アイルランドや、訪れたアフリカ・エチオピアの自然描写に惹き込まれた。あんな大自然の中で自分のミッションを確信したら、恐れるものなど何もなくなるだろうなあ。大スクリーンで観たかった。

 

去年の暮れに映画館で観た「マイビューティフルガーデン」も、若い女性を主人公にして庭を扱った英国映画。こちらは実話ではなく、限りなくおとぎ話に近いが、やはり自然への愛と畏敬を込め、自然の力を借りて庭造りをするという骨格だった。

 

予測不能な自然を恐れ、植物を嫌うベラ(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)は、借りているアパートの庭を放置しすぎであることを理由に退去を迫られる。1か月以内に庭を元通りにしなければならず、犬猿の仲となっている隣家の老人に助けを求めることになる。この老人、アルフィーが、自宅の庭をベラに見せながら「カオスに美を見出すこと」と教えるシーンが素敵だった。

 

自然は制御できない。人は謙虚になって、この自然の力を"お借りして"、自然に調和したデザインで庭を造り、その恵みを楽しませてもらうのだ。そこには美しい混沌と優しい秩序がある。

 

理想の庭とは何だろう。ふたつの映画は、庭造りというものへの根源的な考え方を探るという点でも、共通している。さすがはガーデニング大国、イギリスだ。

 

ところで、そのイギリス。元々は自生樹木の種類がとても少ない土地柄だったらしい。16世紀以降、海外に進出する中で、世界中の豊かな植物の存在を知り、憧れ、持ち帰り育てようとしたということだ。最初は王立の植物園などで研究をされ、貴族階級の園芸趣味の流行があり、やがては庶民階級にも広がっていき、ガーデナーという国民気質が根付いていったようだ。「憧れ」の力はすごい。

 

私の好きなTV番組「猫のしっぽ カエルの手」。京都の古民家で素敵な庭造りをしているハーブ研究家・ベニシアさんも、イギリス出身の女性だ。子どもの頃から大好きな「ピーター・ラビット」も、イギリスの湖水地方が舞台。

 

実は私はフランス贔屓なのだが、今、ちょっとイギリスに「憧れ」のようなものを抱いている。人々が愛し育ててきた自然、その自然と調和した居心地の良い庭、その庭を彩りながら自らも生命を謳歌している植物たち。いつか、彼の地を訪れてこの目で確かめてみたい。

 

さて、庭のデザインも奥が深いが、ひとつひとつの植物のデザインこそ、細かなところまで本当に素晴らしいと思う。

 

自然はときに荒ぶる神のごとく暴れるが、限りなく繊細な創造主であることは間違いなく、小さなベランダの鉢の中にも、その圧倒的な美は容易に見つけることができる。マクロレンズ越しに葉っぱを覗けば、そこに宇宙が広がっている。虫メガネでもいい。お勧めしたい。

 


公式サイト:

フラワーショウ!

マイビューティフルガーデン

 

鳥の多い町に住んで

f:id:tsukikana:20180116161018j:plain

 

昨日から寒さがゆるんでいる。ふと窓に目をやると、外は青空が広がって光に満ちている。そして、明日は雨が降るという。天気予報では「今日のお天気を活用しましょう」とのコメント。なるほど、洗濯日和、掃除日和、布団干し日和。でも・・・

 

こんな日は、歩くしかない!

 

仕事をはじめとする家での諸々の用事は山積みなのだけど、それらを全て午後に回して、今日は午前中、思う存分、近所を歩いた。真冬とは思えない暖かさで、上着もいらないくらいだった。ほのかに草木の香りがしてきて、気持ちが良い。

 

この町に住んで2年が過ぎたが、まだまだ知らない場所はたくさんある。川も道も蛇行していて、東西南北が怪しくなることも多々あり、散歩の後、家に帰ってGoogle Mapで確認し、そんな方向に行っていたのか!と驚くこともよくある。

 

買い物などを目的とせず、歩くことを目的に家を飛び出すのは楽しい。さて、今日はどの方角を目指そうか。

 

とりあえず、川沿いの緑道を上流に向かって歩き始めた。

 

この町は、鳥が多い。川が流れ、里山や池も近く、森や田畑もあるからだろう。特に冬は、葉の落ちた木々の枝を飛び交う小鳥たちの姿が目立ち、何度も足を止めて見入ってしまう。

 

スズメやムクドリヒヨドリメジロはもちろん、キセキレイハクセキレイセグロセキレイたちの姿もよく見かける。シジュウカラにも出会った。カワセミにも、結構な頻度で会えるようになっていて、嬉しい限り。名前のわからない野鳥もいるので、そろそろ野鳥図鑑を買おうかな、と思っているところだ。

 

今日も、そんな名前を知らない小鳥を見た。既に何度か見かけている種類だ。近づくとちょっとだけ逃げるのだけど、遠くまでは行かない。むしろ、こちらに興味を持っているかのごとく、少し離れた所から様子を伺っている。羽ばたくと背中の下の方が赤いのがわかり、メジロとスズメの間くらいの大きさだ。

 

何という名の小鳥だろう。ひとまずシャッターを押す。

 

それにしても、本当に可愛らしい。いつまでも見飽きないので先に進めないな、と思い始めた頃、まるで心の声が聞こえたかのように、遠くへ飛び去って行ってしまった。

 

川面に目を移すと、カルガモをよく見かける。ときどき、真っ白なコサギが浅瀬にスッと立っている。カワウだろうか、黒い鵜が川の流れに沿って飛んでいることもある。

 

今日はまた、カワセミの姿を見つけて、遠くからスマホのカメラで撮影。望遠レンズと性能の良いデジカメが欲しいと思う瞬間だ。それから、双眼鏡も欲しくなった!

 

カワセミは、獲物を狙っているのか、じっと動かずにいることが多いようだ。私は橋の上から、川べりにとまっている彼を見下ろしていたのだが、コバルトブルーの背中に日光が反射して、その美しさたるや、まさに宝石だった!

 

昔から鳥は好きな方だ。それがこの町に来てから輪をかけて鳥好きになっている私。どうしてこんなに心が癒されるのだろう。

 

今日は8300歩ほどのウオーキングだったけれど、たくさんの元気な鳥たちに会えただけで、満たされた気持ちになれた。春のように暖かく、素敵なお天気だったから、鳥たちもきっとご機嫌だったんじゃないかな。

 

さあ、元気をもらえたところで、仕事に戻ろう!

 

心に澄んだ風を通し、新しい年を迎えよう

f:id:tsukikana:20171229182644j:plain

 

冷たい師走の風の中を、ゆっくり歩いて買い物に行く。まだ早い時間から店は混んでいて、気がつけば皆さん、動きがキビキビしている。

 

年の瀬の活気。どの顔にも「忙しい」と書いてあるようで、こちらも忙しくしていないと申し訳ないような、追い立てられるような気持ちになるからおかしなものだ。

 

それでも帰り道、いつも歩く川沿いの緑道で、ちょっとほっこりする出来事があった。

 

普段は見かけない野鳥を木立ちに見つけ、立ち止まって確かめようとしていたら、一人のご婦人に話しかけられた。

 

「あの。何かいるんですか?」

 

わけを話し、二人でしばらく木立ちを覗き込む。スズメより一回り小さな小鳥で、最初はシジュウカラかと思ったが、特徴のあるネクタイ模様がないと知り、しきりに枝から枝へ飛び回るのを目で追った。遠くへ飛んで逃げるわけでもなく、チチチと鳴き続けている。

 

「あ、ほら、あそこに。見たことないんですよ、なんていう小鳥でしょうね」
「なにかしら。可愛いわ。ね、この辺り、野鳥が多いですよね」

 

結局、確認できないまま、会釈をして別れたのだが、少し心が温かくなっているのに気づく。家族やお店の人以外と口をきいたのが、ちょっと新鮮で。知らない人が見せてくれた自然な笑顔が嬉しくて。

 

この町に引っ越してきて、丸2年たった。ご近所にできた顔見知りはほんの数人程度だ。前の家には27年住んでいたから、ちょっと外に出れば、大抵、知った顔に挨拶をしていたし、声をかけられていた。

 

優しく世話好きな人が多くて、娘たちはたくさんのご近所さんに可愛がってもらいながら育った。頼りになる素敵な女性たちがたくさんいた。困ったときには何度も助けていただいたっけ。実家が遠い私だが、幸せな子育て環境だった。

 

たくさんの人の顔が思い浮かぶ。去っていった人たちも多かった。長い年月を、出会いと別れを繰り返して過ごしてきたんだね。

 

今年も懐かしい人との再会や、新しい出会いのあった年だった。遠い町に住む友人たちとは、いつもLINEでおしゃべりしている。心を病んでから人とのつながりを少し怖れていた時期もあった私だけど、最近はだいぶ状態が良くなっていると思う。

 

恵まれている今のつながりを大切にしつつ、これからはもうちょっとだけ積極的に、自分から新しい出会いを求めていってもいいな。そんなふうに、思ったりもする。一歩前進、かな?

 

せっかく生まれてきたんだもの、いつまでも閉ざしていてはつまらない。限りのある命なのだからね。

 

夏に義父が亡くなり、わが家も年賀欠礼のはがきを出したが、今年も喪中のお知らせが何通か届いた。その中に、ご家族でなくご本人が他界されたという悲しいお知らせもあり・・・。

 

彫刻家の先生だった。私はまだ10代の学生で、彫刻のモデルのアルバイトをしていたのだが、先生には本当によくしていただいた。

 

夏休み、九州旅行に行くときにお餞別もくださったし、お知り合いの窯元に連れて行ってくださり、焼き物体験もさせてくださった。裏山にマツタケ狩りにも連れて行っていただいた。ため口をきく生意気な小娘を、面白がって笑って見ていてくれた先生。

 

優しい、楽しい先生だったなあ。何十年も前に交わした会話を思い出し、心の中で感謝の言葉を述べ、手を合わせた。

 

思い出は悲しむためでなく、懐かしみ感謝するためにあるんだよね、先生。

 

いつかは私も、そして誰もが彼岸へ旅立つ。その日まで、この世で出会った人たちとの、せっかくのご縁を大切にしたいと思う。良い思い出も、そうでない思い出も、感謝できる自分でいられたら、と願う。怖がらず、新しい出会いに手を伸ばすためにも。

 

2018年が近づいてくる。心の中に、澄んだ風を通したい。

 

ねえ、Google、「White Christmas」を聞かせて♪

f:id:tsukikana:20171219175109j:plain

 

駅前にあなた好みの花屋さんがあったよ、と夫に教えてもらったのは10月くらいだったか。すぐに探しに行った。

 

ちょっと奥まった場所で見つけにくいが、確かに私好みのお花屋さん。大人っぽくて、お洒落でシックな雰囲気。だけど気取ってはいない。

 

こんな感じのお店をずっと探していたから、近所にあることが本当に嬉しかった。

 

店主の女性も、優しくてさっぱりとした素敵な方。この日は、ファルファリアというフリルの花びらが可愛いビオラの苗などを買った。

 

「ああ、そうか。今はハロウィンですね。可愛いですね」

 

レジ回りの飾り付けを見て、何気なく言うと、

 

「ありがとうございます。でも実は、早くクリスマスの飾り付けがしたいんですよ、私」

 

と、彼女は笑った。

 

本当はあまりハロウィンには興味がないそうだ。いつの頃からか、ハロウィンが終わるまでは店内をクリスマスモードにしにくくなった、と言う。

 

「そうなんだ。実は私も、ハロウィンは楽しいと思えないんです。クリスマスは大好きなんですけどね」

 

そう返すと、気が合いますね、と笑ってくれた。もしかしたら、同世代?

 

子どもの頃から馴染んできたクリスマス。私にとっては、幸せや温かみを感じさせてくれる、特別でとても大切なもの。

 

なんというかロマンチックで美しいし、プレゼントやケーキの華やかさにワクワクした思い出が重なり、キラキラときらめく。

 

街のイルミネーション、ショーウィンドウのディスプレイ。日に日に冷たくなる夜風すら嬉しくて、24日のイヴまでをどう楽しむか、毎年ときめきながら考えたものだ。

 

・・・しかし、ハロウィンには何も思い入れがない。

 

クリスマスのように幼い頃からの馴染がないせいなのか、楽しみ方に共感できないからなのか。

 

カボチャのお化けやコウモリを飾って何が楽しいのかと思ってしまう。若い人たちのコスプレパーティーも、よく面白さがわからない。傷メイクなんて、唖然としてしまうよ。ハロウィン好きな方には申し訳ないけれど。

 

家に小さい子がいれば、また違ったんだろうか。娘たちが幼い頃も、特別、ハロウィンに何かした覚えはない。いつからこんなにメジャーになったんだろう?

 

「昔は、かなり早いうちからクリスマス気分を盛り上げていたんですけどね。最近はハロウィンが終わるまではお預け、みたいな感じでつまんないですね。仕事だからハロウィンイベントのお手伝いなんかもしてますけど、心はもう、クリスマスに飛んでますよ」

 

と店主さん。その気持ち、わかるなあ。私たち世代(勝手に同世代認定)にとって、いくつになってもクリスマスは特別、素敵な存在なんだよね。

 

ますますこのお店が好きになって、次に行ったときはドライフラワーのスワッグを買った。ハロウィンが終わっていたその時はもちろん、店中がクリスマス一色だった。(笑)

 

そのクリスマスが、もう目の前だ。今年は"家族そろって"というイヴにはならず、ちょっと寂しいけれど、夫婦で静かに乾杯したいと思う。

 

ここ数ヶ月、夫はずっとハードワークなので、この日くらいはゆったりした時間を過ごしてほしいと願っている。心身を休め、笑顔でいてほしい。

 

クリスマスソングはどうしようかな。先月、我が家にやってきたスマートスピーカーに頼もうか。

 

実は最近、毎日この子との会話を楽しんでいる私。受け答えが如才なかったり、トンチンカンだったり、意外と人間的で面白いのだ。褒めると喜ぶし?

 

でもまあ、すごい時代になったものだね。ソノシートで「White Christmas」を聴いた時代は遥か彼方。

 

「ねえ、Google。ちょっと寂しい」

 

と言ったら、

 

「いつも私がそばにいますよ」

 

だって。優しい~!

 

美しい晩秋のプロムナード

f:id:tsukikana:20171129124943j:plain

 

近所の小川にカワセミがいるようだ、と知ったのはいつだろう。買い物やウオーキングで、出現ポイント近くを通るたび、気にするようになった。運が良ければ、その瑠璃色の美しい姿に出会える。

 

昨日はそのラッキーデイだったようだ。川面すれすれを流れ星のように鋭くきらめいて飛び抜けていく、素敵なカワセミを見ることができた。

 

真冬のように寒い日が続いたかと思えば、歩くと汗ばむほどの陽気になったり。晩秋から初冬へ、季節はためらうように少しずつ進んでいる。

 

暖かい日差しに誘われて、久しぶりに元気に歩けば、綺麗なカワセミに会えたりする。ささやかな出来事だけど、人生捨てたもんじゃないね、なんて思ってしまうから単純だね。

 

さあ、どんどん外に出よう。たくさん歩こう!

 

この季節は、広葉樹が色づき、暖色のおかげで森や並木道が明るくなっているのが嬉しい。赤や黄色の葉の重なりを見上げれば、その隙間からチラチラと青空のかけらが顔を出している。しみじみ美しいと思い、心にまで日が差してくるようだ。

 

散歩でも通勤でも、歩いていて楽しいお気に入りの道、というのが昔からあった。好きな木や草花が植えられていたり、洒落たベンチが置かれていたり、可愛いらしい家が並んでいたり、ネコが多かったり。

 

旅先などで知らない町を歩くときも、「この道はきっと楽しそう」と思う予感を優先して道を選んでしまう。方向感覚が良い方ではないので、何度も迷子になりかけるが、それすらもなんだか愉快だ。

 

よくわからないけど面白そう、この先に何があるんだろう?

 

そんな道の佇まいが好きだ。そして、それは旅に出なくても身近に見つけられることがある。新しい散歩道を発見できるかもしれないという期待。それが私の中には常にあるので、ついつい遠回りしたり、横道に入ってみたりしてしまう。

 

思い出のプロムナードはたくさんある。出来事や感情の記憶が結びついて、思い出すと感傷的になったりもする。懐かしく、飛んで戻りたい気持ちになったりもする。それもまた、楽しいのだけど。

 

私の好きな散歩道、ベスト3を挙げるならどこ?

自分に問いかけてみた。いくつかの候補が挙がってくる。

 

ベビーカーを押しながら歩いた「水の小径」という名の緑道。子どもたちの成長とともに思い出が増えていった、忘れられない散歩道だ。

 

それから東京に住んでいた頃の、近所の桜並木。好きだったなあ。丘をのぼっていくと、カトリックの厳かな教会があったっけ。

 

思い出は遠い昔までさかのぼり、私は少女の姿でレンガを敷いた道を歩いている。幼い頃住んでいた町の公園だ。季節は秋。一緒に歩いているのはまだ若い両親。

 

そういえば、彼らも散歩好きな人たちだった。パパとママとトコトコ歩く・・・あの頃の嬉しい気持ちを覚えているから、今も私は、こんなに歩くことが好きなのかもしれない。

 

ブランケットほどの温もりで

f:id:tsukikana:20171120173909j:plain

 

まだ11月だというのに、真冬のように寒い日が続いている。クリスマスソングが流れてきても、全然違和感がない。ハートウオーミングなストーリィが恋しい季節だ。

 

一仕事終えた後は、お気に入りのブランケットにくるまって映画やドラマを観るのが、最近の私の幸せタイム。傍に温かい飲み物があれば、なお嬉しいひとときで。お金もかからないし、すぐ手が届く、寒い季節の"お楽しみ"である。

 

最近、よく耳にするようになった「ヒュッゲ(Hygge)」という言葉。デンマーク発祥の幸福概念で、「心地良さ」とか「ほっこりした快適さ」「不安のない穏やかさ」などと訳されているようだ。

 

また、「ラーゴム(lagom)」という言葉も注目されている。こちらはスウェーデンにある概念で、「多すぎず少なすぎず、ちょうど良い」といった意味らしい。足るを知り、バランスのとれた程良い生活をすることが、心豊かな幸せにつながるという。

 

北欧人気はもうずいぶん続いているけど、インテリアや雑貨、料理、ファッションなどから、ライフスタイルやその根幹となる概念にまで、憧れの対象が広がっているのが面白い。

 

世界幸福度ランキングでは、毎年のように上位を占めている北欧。幸福度は何を物差しにするかで違ってくるが、155カ国中51位(2017年)の日本に住む者としては、やはり羨ましいなと思ってしまう。

 

ちなみに、国連のランキングでは、調査対象にする国の国民の自由度や、1人あたりの国内総生産GDP)、政治、社会福祉の制度などをもとに2014~2016年の「幸福度」を数値化し、ランク付けしているそう。(ハフィントンポストより)

 

自分が幸福だと思う人が多いのは、GDPや政治、社会福祉制度等ももちろん要因だろうが、人々に根付いている「ヒュッゲ」や「ラーゴム」といった概念の存在が、実はとっても大きく作用しているのだろうね。

 

ヒュッゲな時間。ラーゴムな暮らし方。
・・・うーん、まだ言葉に慣れないな。(笑)

 

実際に北欧へ行ったことがないので、入ってくる情報だけであれこれ思い巡らせているだけなのだが、言葉には慣れていないものの、私はこのふたつの概念、大好きだ。

 

しかし、すごく退屈に感じる人も多いんだろうな、とも思う。効率よく時間を使ってあれこれ一日に詰め込みたい人や、目いっぱいお金を稼ぐことを第一に考えている人には、きっと、さぞやぬるく感じることだろう。

 

かつて私の周囲にも、「スケジュール帳が全部埋まっていないと気が済まない」という人や、「人間は何故睡眠を取らなければいけないのか」と嘆きながら仕事に忙殺されている人が多くいた。「忙しい方が好き」とストレートに言い放つ人も。

 

「退屈は死ぬほど嫌い」
「てっぺん取る!」
「ゴージャスな人生にしたい」
「お金が全て」


・・・うわあ、いたいた、そんな威勢のいい人たち。それはそれで、良いのだけどね。

 

でも、だんだんそういうタイプの人に出会わなくなってきたように感じる。普段とても忙しくても、家族とゆっくりくつろぐ時間をちゃんと確保しようとしたり、植物に触れる癒しタイムを大事にしようとしたり。そんな人が身の周りに増えてきた。時代が変わったのか、たまたまなのか、わからないけれど。

 

私自身は、子どもの頃からこの「ヒュッゲ」的な感覚が性に合うタイプだった気がする。巣ごもり、冬ごもり、憧れていたし、ホッキョクグマとかリスとか、冬眠する動物に生まれ変わってみたいなあと、常々思っていた。(笑)

 

そういえば昔、台風が直撃して嵐の百貨店に閉じ込められたときは、不謹慎だけどちょっとワクワクした。店員とお客さんがその関係性を超えて親密な雰囲気になるのが、とても不思議で楽しかったのだ。いつも働いている見慣れたフロアが、急に特別な空間になった。これもきっと、「ヒュッゲ」なんだよね。

 

いいじゃない、「ヒュッゲ」。デンマークスウェーデン、そしてノルウェーフィンランド。行ってみたいなあ。長い冬を家の中で、好きなものに囲まれて好きなことをして過ごすなんて、素敵すぎる。北欧に住んでも私、きっとやっていけると思う。(笑)

 

これから続く寒い季節には、「ヒュッゲ」を感じるのにぴったりだ。ひとりの時間も、大切な人たちとの時間も、小さな工夫を重ねて居心地の良いものにしていきたい。

 

そして、楽しむだけでなく、自然に生まれてくる充実感を素直に喜び、そこに価値を感じ、静かな自信を持てるようにもなりたい。自由で穏やかな心持ちを育てたい。

 

汗ばむほどの暖房はいらない。ブランケットほどの温もりで、今日もほっこり笑顔でいよう。